最新情報

【営業編】ENTRE PLACE Academy (EPA) 勉強会をより詳しく紹介します

こんにちは。EPAスタッフの森田です。

インターネットやSNS、人づてでENTRE PLACE Academy(EPA)のことを知った人がほとんどかと思いますが、
ぶっちゃけENTRE PLACE Academy(EPA)の勉強会の内容や講師の実績について気になる方が多いと思います。

今回の記事では、

「ENTRE PLACE Academy (EPA) の営業勉強会の講師ってどんな人がいるの…」
「ENTRE PLACE Academy (EPA) が営業勉強会を開催している理由について知りたい…」
「ENTRE PLACE Academy (EPA) の勉強会についてより詳しく教えて欲しい!」

このように思っている人向けに書いていきます。

ENTRE PLACE Academy (EPA) の営業勉強会について、より深ぼった内容をお届けしますので、どうぞよろしくお願いします!

【営業編】ENTRE PLACE Academy (EPA) 勉強会とは

ENTRE PLACE Academy(EPA)では、より生徒さんの成長や結果にフォーカスする為に勉強会を週に1回以上開催しています。
ENTRE PLACE Academy(EPA)では下記の勉強会を開催しています。

  • 【マインド思考編】EPA総合勉強会
  • 【ブックメーカー編】EPA勉強会
  • 【営業編】EPA勉強会
  • 【経済編】EPA勉強会
  • 【女性限定編】EPA勉強会
  • 【ZOOM編】EPA勉強会

今回の記事では【営業編】EPA勉強会についてより詳しく解説していきます。

なぜ営業勉強会を開催しているのか

初めにENTRE PLACE Academy(EPA)がなぜ営業勉強会を開催しているのか
解説していきます。

営業と言ったら皆さんはどのような印象を受けますか?

「押し売りされそう…」
「ひたすら頭を下げなければいけないし、しんどそう…」
「ノルマも大変そう…」

このようにネガティブな印象が先行している方がほとんどかと思います。
ですが、本物の営業を知ると、全くと言っていいほど印象が違います。

ENTRE PLACE Academy(EPA)がお伝えしている営業の特徴を簡単にお伝えします。

営業の特徴

  1. お客様にもっとも感謝される仕事である
  2. ヒアリング力、提案力などの対人折衝力が身に付く
  3. 人脈を構築する事ができる
  4. 会社ではなく、個人として認められる
  5. 営業スキルを習得するまでは時間と根気が必要

順番ずつ解説していきますね!

①お客様にもっとも感謝される仕事である

押し売りされるネガティブな印象と真逆ですが、本来の営業とはもっとも感謝される仕事になります。

なぜなら、営業職はお客様にもっとも近く、お客様の問題解決する商品やサービスを提案することが本質であるため、営業=売り込みではなく、問題を解決することが大切になってきます。

営業がなければ、全ての会社が倒産してしまうといっても過言ではないでしょう。

②ヒアリング力、提案力などの対人折衝力が身に付く

ヒアリングとは、聞き取りや聴取や情報収集のことをいいます。
対人折衝能力とは、人に対して物事が有利に運ぶように、駆け引きをする能力のことをいいます。

この能力がない人は、仕事における交渉や人間関係に不利に働いてしまうことが多いです。
対人折衝能力をつけると、プライベートでも特別仲の良い関係ではない人とも、良好な関係を築くことが可能になります。

③人脈を構築する事ができる

営業は仕事を行う上で、経営者をはじめ様々な役職の人たちや、社内外の方々などと関わりを持つ事ができます。
そこから、色々な価値観に触れることができ、自身の成長のきっかけにもなります。

営業の仕事において、普段会えないような方々とも人脈を構築していくことは大切になります。

④会社ではなく、個人として認められる

信頼関係を構築していく中で、

「OOさんだからこの仕事をお願いしたい」
「OOさんの意見をお聞きしたい」

と言われるようになります。

営業の本質とは商品やサービスを売るのではなく、自分を売ることが大切になります。

自分を売ることができる人は会社に頼らずとも商品やサービスを売ることが可能になります。

気づいた方もいらっしゃると思いますが、

起業や独立するためには、自分を売る力は、必須のスキルになるのは間違いないといっていいでしょう。

⑤営業スキルを習得するまでは時間と根気が必要

ここまで読んでみて

「営業ってすごい!!」

と感じてくれた方もいると思います。
それと同時に

「なんか難しそう…」
「僕にはできないかも…」

このように思った方も多いのではないかと思います。
ですが、実際のENTRE PLACE Academy(EPA)の受講生のほとんどは営業未経験の方が多いです。
未経験から営業を初めて、脱サラしたり、起業まで至った方も多くいます。

なぜなのか?

それはビジネスマンとしての大切なマインドや考え方、そして圧倒的な言語化された営業スキルの継承ができているからなのです。

勉強会の会場について

新宿駅近辺で上記の写真のような会場で行っています。
月に1回土曜日の9時30分から行っています。

講師陣紹介

ここで営業勉強会の講師を紹介していきます。

講師 高橋平吉について

株式会社Historia 代表 高橋平吉さん 26歳
最近では日本国内だけでなく、世界に対しても、教育の内容などを発信をされています。
そんな高橋平吉さんの経歴を紹介させて頂きます。

経歴

岩手出身。得意なスポーツ:バレーボール・サッカー
17歳(高2):東日本大震災を経験から死と直面

岩手県立黒沢尻工業高等学校卒業

18歳:岩手県北上市から神奈川県川崎市に上京し自動車関係の工場に勤めた

19歳:たまたま行ったイベントで24歳の起業家と出会い、それがキッカケで夢を持つ

20歳:人生を本気で変えたいとビジネスに挑戦する

挑戦するも3件連続で詐欺に遭い20歳で借金500万円を背負う

21歳:それでも独立を果たし完全歩合の営業をstart。歴代トップセールスマンへと成り上がる

22歳:独立後一年で株式会社Historiaを設立。教育業をメインにITやアパレルなどの事業を展開

25歳:西新宿で「PIZZA&craft beer 夢の橋」というイタリアンの飲食店オーナーになる

26歳:プロフットサルチームのスポンサー契約を結ぶ。衆議院会館などで公演会を行う
起業4年にし、全事業スタッフ100名ほどの企業へと成長

現在:2021年に出版決まっており、20代を代表する起業家になるべく今も挑戦を続けている
● ENTRE PLACE Academy(EPA) 教育業
● PIZZA&craft beer 夢の橋 飲食業
● ARMOR CLASSIC オーダースーツ業
● FASHION BRAND アパレル業
● ファイナンス教育業
● WEB制作・運営
● MEO広告・運営
● 海外慈善活動
●プロフットサルチームスポンサー

両親が起業家などではなく、裕福な家庭でも育ったわけではないところから
どこにでも居そうな若者から成長して現在に至ることがわかります。

このように数々の事業を手掛けられ、年商も数十億あるとの事です。
今後の活躍から目が離せませんね!

講師 野上琴美について

野上琴美さん23歳
現在では年収5000万以上あるようです。

経歴

茨城県出身。得意なスポーツ:バスケットボール
普通高等学校卒業

18歳で茨城から東京に上京し歯科助手として歯科医院に勤めた

給与が月収12万だったので、歯科医院からアパレルショップに転職する

21歳になっても月収15万だったので、将来不安を感じたところから、副業からビジネスを始める

半年間、成果に結びつけることができなかったが、とある起業家からEPAの存在を知り、学び始める

半年後、22歳で独立を果たす

現在ではECショップを運営し、都内の超高層マンションで愛犬と一緒に暮らしている

野上さんも色々と苦労されているのが分かります。
ただ、お金がないから、時間がないからなどと言い訳せず、真摯に向き合ってきたからこそ、現状があります。

今後のご活躍を祈念しております。

【営業編】ENTRE PLACE Academy (EPA) 勉強会の内容

勉強会の内容は生徒さんからのご要望によっても変化します。

事前に質問内容を受講生から募集したり、実際の勉強会の時にタイムリーに質問をして講師が答えていく形も組み込まれています。

ここで勉強会の中身について説明していきます。
大きく分けて以下の3つになります。

  1. 生徒さんからの質問講義(その場で質問して講師が答える講義も含む)
  2. 営業スキルについて
  3. 営業ミニゲーム

1つずつ解説していきます。

①生徒さんからの質問講義

生徒さんから聞きたい内容を聞き、講師が答えていく講義です。

実際にどのような質問があったのか、紹介していきます。
あくまでも質問された一部の内容になります。

質問1.営業が上達する方法とは

確かにこの質問は気になるかと思います。
講師の方は以下のように回答してくださいました。

営業が上達するためには、情報を得て、改善することが大切です。
要するにインプット(情報収集)→アウトプット(実践)→改善するステップになります。

突然ですが、PDCAサイクルってご存知でしょうか?

企業では、Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Act(改善)の4段階を
繰り返すことによって、業務を継続的に改善しています。

ところが、個人にベクトルを向けると、自分に対してPDCAができていない人が大半です。

営業が上達するためには、この考え方を持ち、圧倒的な行動量と改善することがとても大切であることを発信しました。

営業以外でも使える大切な考え方になりますので、是非実践してみてください。

質問2.相手の価値観を変える方法とは?

相手の価値観を変えることができれば、営業が上達しそうですよね。

自分がお客様の立場だったらどうなのか?をまず考えることが大切になります。

話していて気持ちの良い相手であれば、悩みを打ち明けやすかったりします。
悩みを解決することができれば、相手の考え方を変えることができます。

営業はそもそもお客様の問題を解決することが仕事であることを覚えておくと良いですね。
その為の悩みを引き出すテクニックとしては、自己開示をすることが大切になります。

具体的な使用方法

相づち→共感→自己開示→質問をする

相づち
「凄いですね」
「そうなんですね」

共感
「その気持ちわかります」
「私もそうでした」

自己開示
「私も、昔OOな経験しました」
「実はOOだったんですよね」

質問
「OOさんはぶっちゃけどう思っているのですか?」
「OOさんは今後どうしていきたいとかあるのですか?」

このような流れで会話をすると相手も話やすくなります。
相手のことを思った会話をしていきましょう。

質問3.ニーズを作る方法とは?

そもそもニーズとはなんなのかご説明していきます。

ニーズとは、欲求、要求、需要のことをいいます。

ニーズがあれば商品やサービスが売れることはご理解頂けたと思いますが、
ニーズにも2種類あります。

それは『顕在ニーズ』と『潜在ニーズ』です。

顕在ニーズとは、顧客自身が「これが欲しい」と商品やサービスの必要性をはっきり自覚している状態をいいます。
潜在ニーズとは、顕在ニーズの裏に隠れた本人も自覚していないニーズです。 

顕在ニーズの人にアプローチするのは簡単ですが、商品やサービスが満ち溢れている現代で、そんな人を見つけることは至難の技といえます。

そこで、潜在ニーズの人の隠れているニーズを引き出して、アプローチすることが大切になってきます。

つまりニーズを作る方法は簡単で
あなたがニーズがないと思い込んでいるだけで、隠れたニーズを引き出す技術を身に付けることができれば、どんな人に対してもアプローチすることが可能になるのです。

この技術は営業勉強会だったり、ノウハウとして学ぶことができますので、
気になる方や、起業したい、個人で仕事してみたい、営業やっていて上手くいっていない人は是非、学びにきて頂けたらと思います。

②営業スキルについて

質問からの講義が終わったところで続いては営業スキルの教授になります。
今回は、結論から話すスキルを教えてくださいました。

突然ですが、こんな経験ありませんか?

「回りくどい話し方する人だなぁ…」
「結論はなんだろう…」
「つまり何をいいたいんだろう…」

もしかしたら会社の仕事でも、こんなシーンあるかもしれません。

このようにイメージを感じてしまったら、それ以降の話が頭に入ってこなくなりますよね。

それを防ぐ方法として、
結論から話すことがとても大切になってきます。

(見本)

部下
「OOの件ですが、成果を出すことができなかったです。」
上司
「なぜ成果を出すことができなかったの?」
部下
「OOOという理由で成果を出すことができませんでした。次回はOOのようにします。」
上司
「なるほど。確かにそれはそうだね。次回はOOOのようにした方がより良いと思うよ。」
部下
「そちらの方が良いですね。フィードバックありがとうございます。次回は気をつけます。」
上司
「おう。次回はしっかりやっていこうね。また何かあったらいつでも聞いてね。」

こんな感じで結論から話すことで会話がスムーズになるのです。

もしあなたが、
回りくどいなどと言われているのであれば、今日から意識して頂ければ筆者も嬉しく思います。

③営業ミニゲーム

ビジネスにおいて、インプット(収集している時間)、アウトプット(実行する時間)この両方を行うことが大切です。
どれだけ素晴らしい話を聞いても実践しなければ、何も意味がありません。

数日後には忘れてしまいます。100のインプットより1の実践です。

起業の本を読んでも、行動に移さなければ起業ができないと同じですし、

そればかりか
起業する時には、起業の本の内容を忘れている。。。

嘘みたいですけど世の中の99%はそんな事ばかりしている方が多いのです。

そうならない為に、EPAでは学んだことを即実践できるようにミニゲームをしています。

ミニゲームの内容

今回は自分が伝えたい内容を相手から欲しいと思わせるトークを1対1で行うミニゲームをしました。
人によっては、エナジードリンクを伝えたり、車を伝えたり、恋愛塾を伝えたりしていました。

ちなみには筆者は、人生がよくなる壺を売りました笑

「この壺を買うことで部屋の雰囲気がよくなり、雰囲気がよくなることで、朝早起きできるようになります。朝早く起きれるようになる事から仕事の成果に繋がり、人生が大きく変わります!!(笑)」

こんな感じで熱弁しました笑
もちろんそんな壺はないのでご安心ください。

ミニゲームの様子

筆者の写真はないですが、ミニゲームの時の写真をお届けします。

真剣さの中に楽しさが伝わってきますね!
是非皆さんと成長できれば嬉しく思います。

【営業編】ENTRE PLACE Academy(EPA)勉強会を受けての感想

今回の勉強会を受けて、

「具体的で実践的な内容が多く、今日の午後からさっそく使いたいと思った!」
「営業のみならず、プライベートでも使ってみたいと思った!」
「成長を感じられた!周りの受講生のやる気がすごかった!」

このような声を多く頂きました。

次回も、再現性のある営業スキルやビジネスマンとして大切な考え方、マインドについて営業勉強会を通して発信していきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、【営業編】EPA勉強会についてお話しました。

営業に対するイメージが少しでも変わり、講師の実績についてや講義の内容や勉強会の様子、生徒さんの温度感など感じてくだされば嬉しく思います。

『経営』とは経理の経と営業の営をとって、『経営』と書きます。

世の中の企業や商品サービスは営業によって、皆さんの生活がより良くなっているのは間違いないといっていいでしょう。

もしあなたが、営業に対して、マイナスイメージを持っていたとしたら、
それはあなたが勝手に悪いと思い込んでいるだけなのです。

このような世の中の本質を知りあなたが捉われている常識や固定概念から、一歩先の世界を理解した瞬間に、あなたの夢や目標を叶えることは難しくないと気づくことができるのです。

次回の更新をお楽しみに!

関連記事一覧